人数の集まる茶室では、とっさに状況を判断し無駄なく動けることが必要とされます。
それには心配りだけでなく、目配りも大事な要素となってきます。
その場に適しており、その場を崩さず、目立たず、いかに邪魔にならず動けるかという修練もお稽古を通し学んで参ります。
その視点がお仕事に活かされる場合もありますし、いろんな場面において必要とされることもあります。
日本人として、細やかなことに気づき動けるようでありたいと願っております。