霜月。茶室も冬支度になってきました。

霜月。
茶室も冬支度になってきました。
今月から炉です。
床の間には茶壺。

本来、この封のしてある茶壺に
その年の茶葉が入っており
それをお家元が石臼で挽き
漉したものがお抹茶です。

-掛け軸は開炉上堂(かいろじょうどう)

霜月の1日に炉を開く。
炭点前をする。
炭がパチパチと言い
湯の沸く音がする。
ここから暖が取れる。

静粛で平穏な空間。
何も贅沢な物のないところから
生まれる質素な贅沢。

この時期お寺などで
お抹茶を飲める機会があったら
作法を気にして臆することなく
どうぞ積極的に飲んでみてください。
きっと美味しい一服でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です